アパートやマンションなどを借りたり購入したりする時に、部屋の間取りを気にすると思いますが、建物自体の構造にも目を向けるべきです。
建物の構造には、主に木造・鉄骨造り・鉄筋コンクリート造りがあります。
鉄骨造りは建物の柱などが鉄製であるもので、部屋の間の仕切りの造りは木造と同じです。
その中で、鉄筋コンクリート造りは、建物全てが鉄筋を巡らしたコンクリートでできているので、とても頑丈で騒音などの音を遮断するのに優れています。



今現在、私の隣の部屋から大音量の音楽が流れているのですが、会社の同僚で注意しにくく毎日我慢しています。会社の寮なのですが木造です。
窓を閉めても部屋を伝ってくるのでしょう、うるさいです。
寮を出ようかと考えています。以前は鉄筋コンクリート造りの部屋に住んでいたので、鉄筋コンクリート造りの静かさはわかっています。
騒音で悩まされたことなどありませんでした。寮に入る前に建物を調べておけばよかったと意味のない後悔をしています。
騒音に悩んでる方は、ぜひ鉄筋コンクリート造りを選ぶことをお勧めします。私は会社を経営していています。家族には妻と3人の子供がいて、10年前に中古で購入したマンションで暮らしています。
私は住宅の建築を考えて、昨年には土地を購入しました。
そして今年に入り住宅の建築設計を、建築設計事務所にお願いしました。
設計をお願いした住宅は、耐震を考えて鉄筋コンクリート構造3階建ての設計でお願いしました。鉄筋コンクリート構造を取り入れることで、耐震強度も上がりますし、冬は暖かく夏は涼しい住宅になると考えています。



鉄筋コンクリート構造にした理由は、もう一つあります。それは柱のスパンを、広くする事ができるからです。
リビングの間取りは広くしたいと考えていましたし、柱を少なくしたいと考えていました。
そして地震が多くなっているので、家族で安心して暮らしたいと考えていました。
設計はもうすぐ完成しますが、鉄筋コンクリートの住宅の建築工事は、建設会社に見積りをお願いして、建築工事を依頼したいと考えています。鉄筋コンクリートの住宅の完成は来年の6月の予定で考えています。